オンラインカジノ回顧話

有名なオンラインカジノはほとんど対応していたネッテラー

対応しているオンラインカジノが多かったことも、多くのプレイヤーがネッテラーを利用する理由でしたし、寧ろ対応していないカジノが避けられる傾向にあった為、ネッテラーが使えるだけでも大きなメリットでした。ほぼ有名なオンラインカジノが使えるようになっていたことで、ネッテラーさえ持っていればどこでも遊べるといわれていました。

〇大体のオンラインカジノは使えるようにしていた

オンラインカジノ側は、使えるサービスとしてネッテラーが存在していた場合、ネッテラーを利用することにしていました。これにしておけば、ユーザーが多く来てくれるだろう、利用してもらえる可能性が高いだろうと思われていたことが要因にあります。実際に一番ユーザーを持っていた入出金サービスで、ネッテラーを使っているユーザーが多く、オンラインカジノでも対応していることで利用者が増えていました。
主にウィリアムヒルカジノやベラジョンカジノ、ワイルドジャングルカジノが対応していたこともあり、日本でよく知られていたオンラインカジノは使えるものとなっていました。日本人が多く利用していた背景には、有名なオンラインカジノでも使えることが大きな要素になっていたのです。しかしネッテラーは利用ができなくなったことで、代わりになるサービスが分断されてしまい、現在はかなり面倒な状になってしまいました。

オンラインカジノからの撤退の影響は深刻

海外ではまだ撤退していないので、ネッテラーをギャンブル目的で利用することは可能です。また日本でも、FXなどの投資については認めているので、ネッテラーが日本から全面的に撤退しているわけでもありません。しかしギャンブルからの撤退によって、影響は深刻的なものとなっています。特に影響が強くなっているのは、サービスを提供しているオンラインカジノにあります。

〇ネッテラー使用不可で分断されたサービス

オンラインカジノによって、契約したサイトが変わってしまったことで、契約されたサービスが異なって、厳しい状況になった部分もあります。エコペイズに対応しているところ、アイウォレットに対応しているところに分かれてしまったことが大きな問題点となっています。更に対応すらしていないところも出てしまったので、入出金サービスとしてのネッテラーは非常に大きなものだったのです。
分断されてしまったことで、ユーザーの中にはエコペイズに切り替えた人もいますが、入出金サービス自体を利用せず、オンラインカジノにクレジットカードを使って入金していることもあります。出金自体は銀行振込などを使うことによって、一応対応できるようになりますから、何とか待って出すようにしていたこともあります。
ネッテラーは、オンラインカジノにとっても切り離せない存在となっていましたが、現在は使えないサービスとなったことで、カジノとしても頭が痛い、厳しい選択を取られることとなりました。

〇新しいサービスとの契約が急務に

ユーザーがいなくなる可能性もあるため、オンラインカジノにとっては新しいサービスとの契約が必要となりました。ほぼネッテラーに頼り切っていたところもあり、別のサービスを使うことを全然考えてなかったのです。何とかしてオンラインカジノで入出金サービスを使ってもらえるように、新しいサービスを作っておくことが大事と判断して、オンラインカジノ側はすぐにでも契約するサービスを回っていくこととなります。
その結果、ネッテラーからエコペイズに切り替えたところ、アイウォレットに変更したところに分かれてしまい、オンラインカジノは分断されることになりました。今までのように、ネッテラーを持っていれば全てが解決するような状況はなくなり、影響はまだ深刻的なものが残っています。これまでのように簡単に利用できるオンラインカジノではなく、出金サービスなどを含めてしっかりと考えないと駄目なサービスに変わってしまったのです。

〇今でも影響が残りつつあるオンラインカジノ界

影響は今でも残っており、オンラインカジノを利用していたユーザーが撤退するなど、色々な問題があります。ユーザーによっては、共通して利用できる出金サービスではなく、サイトが提携している程度のサービスに変わってしまったことで、オンラインカジノの移動をすることが難しくなり、気軽にプレイできる状況は減ってしまいました。
サービスを提供する側は、撤退したユーザーの代わりに別の人を呼び込みたいところですが、オンラインカジノを利用することの難易度が上昇したことによって、あまり人が増えてきません。大手以外は人員が減りつつある状態になっており、思っていたような状況が生まれていないのが現状にあります。
今後も影響は続くことが予想されていますが、オンラインカジノはエコペイズ側が多くなりつつあるので、ネッテラーの代わりはエコペイズじゃないかとも言われています。深刻な影響はありましたが、立て直しに頑張っているのは事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です