ビットコイン利用は違法なのか?

ビットコイン利用は違法なのか?

ビットコインでオンラインカジノを利用することは、違法なのでしょうか。
一言でいえば違法ではありません。
ビットコインをオンラインカジノのギャンブルに利用することも、オンラインカジノ自体をプレイすることも違法ではないのです。

今回、このビットコインとオンラインカジノ、そして違法というキーワードをテーマにお話しします。
そしてビットコインをオンラインカジノで利用する場合、違法ではないことの理由をまとめました。

ただ、残念ながら現実には全面的にオンラインカジノは違法ではないといは言い切れません。
実際にオンラインカジノ関連のトラブルで逮捕する事例も出ています。
このようにオンラインカジノやビットコインで違法になってしまう場合はどんなケースなのかについてもまとめています。

これを読めばきっとビットコインでオンラインカジノをプレイする場合は基本的に違法でないこと、利用を誤ると違法になることが分かるはずです。

オンラインカジノでビットコインの利用は違法ではない

結論をいえば、ビットコインでオンラインカジノを楽しむことは、違法ではありません。
なぜなら、ビットコインの用途に関しては、特にそれを取り締まる法律が存在しないからです。

そもそも、ビットコイン自体がどこの国の通貨でもないため、その利用方法を指定できる国はありません。
当然日本でもそういった取り締まりをすることは困難です。

また、オンラインカジノ自体も拠点を持つ国で運営元がライセンスを取得していれば、インターネットを介して遊ぶことは違法には当たりません。
このようにビットコインの使用も、オンラインカジノの利用も、そしてビットコインを使ってオンラインカジノを楽しむことも違法ではないということです。

このように基本的にはビットコインでオンラインカジノをプレイする行為は合法といえます。

利用を誤ると違法になる

利用を誤ると違法になる

このようにビットコインでオンラインカジノをプレイすることは合法です。
しかし、利用を誤ると違法になることがあります。
それは、プレイする場所やビットコインを日本円にした状況によって違法になり得るのです。

プレイする場所としては、インカジと呼ばれるオンラインカジノがプレイできる違法カジノのようなお店に行くことが挙げられます。
こういったお店では、オンラインカジノの決済が店舗内で行われています。
この行為はオンラインカジノと言うカジノの手段を利用した賭博行為と見なされ、違法なものとして客や店員が逮捕されるのです。
そして、決済方法を現金でなく、ビットコインを使った巧妙なものにしたとしてもビットコインが財産と見なされて摘発の対象になる可能性があります。

ただ、こういった業態のインカジの逮捕は今までなく、あくまで現金の清算を行ったことで逮捕されるというケースがほとんどです。
そのためビットコインを清算の手段にすれば違法ではないという解釈をするケースもあります。
しかし、明らかに換金できるものを利用している時点で合法とは言い難いでしょう。

ビットコインを日本円に換金した状況によっても、違法になります。
それは、たくさんのビットコインの当選金を手に入れて、それを日本円に換金、そして確定申告などで申告をしなかった場合です。
この場合は、脱税行為として立派な違法行為にあたります。

確かにビットコインで保有している場合は、いくら保有していても課税の対象にならないため確定申告は不要です。
しかし、これを換金してしまった時点で課税の対象になります。

ビットコインを利用したオンラインカジノであってもスロットなどでビックウィンを出すと莫大なビットコインが手元に入ってくるケースは珍しいとはいいきれなくなっています。
そういった状況で、舞い上がってビットコインを全額日本円に換金し、そのまま申告をしなかったとしたら、発覚しだい脱税が指摘されて逮捕される可能性も否定できません。

このように比較的まれではありますが、オンラインカジノをビットコインでプレイしたために違法行為として逮捕されることもあります。

合法的に楽しむには

合法的に楽しむには

可能性は低いにしてもビットコインでオンラインカジノを楽しんだために違法行為になるというのは避けたいものです。
では、合法的にビットコインでオンラインカジノを楽しむにはどうしたらいいのでしょうか。

結論をいえば、自宅など第三者を介さずにビットコインでオンラインカジノをプレイし、申告の目安を知っておくことです。
そして、換金額に応じて、申告することで合法的にビットコインでオンラインカジノをプレイできます。

自宅でプレイする分にはライセンスがあること、日本人ユーザーしかいないようなオンラインカジノでなければ合法です。
そしてビットコインを換金した際の金額が年間総額で50万円を超えなければ申告の対象になりません。
ちなみに申告の目安としては、

ビットコインの換金総額-経費(オンラインカジノに入金した金額)-50万円(基礎控除、50万円を超えなければ課税されないという意味)
です。

このように気をつけてプレイすれば、ビットコインを使っても、オンラインカジノで遊んでも違法にはならないと考えていいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です